オンラインカジノ

まずなによりもオンカジは海外にて運営されているギャンブルです

まずなによりもオンカジは海外にて運営されているギャンブルです

ギャンブルはサーバーの中で行われますが、そのサーバーも海外にあるので賭場は海外ということになります。
もちろん運営会社も海外にありますし、オンカジに関わるその他の決済サービス等もすべて海外の会社により海外で運営されています。
そのため、賭場と胴元は海外、張り子となる利用者は日本国内ということになり賭博罪の条件には当てはまりません。
パチンコの場合は意図的に賭博罪を避けていますが、結果的にはオンカジもパチンコも同じ立ち位置にあるギャンブルです。

ただし、オンカジは賭博罪にはならないといっても合法ギャンブルではありませんので、周りを巻き込むような大袈裟な行為をせず、あくまでも個人の楽しみの一つとして利用するようにしましょう。

オンラインカジノの略が「オンカジ」で、インターネットカジノの略が「インカジ」だから、両方とも同じ事だろう、と考えるのが普通です。しかし!実は両者は全然違うカジノを指しています。しかも!間違えると逮捕されてしまうかもしれないという怖いスラングなので、気を付けましょう。

カジノギャンブルに興味のある方ならば、オンカジ、インカジという名を見聞きしたことがあるでしょう。
オンカジとはオンラインカジノの略で、インカジとはインターネットカジノを略したものです。
正直、その名だけを見ると、どちらも変わりのないオンラインを利用したギャンブルのように思えますが、インカジは違法ギャンブルで、利用したことを知られてしまうと賭博罪の名の下に逮捕されてしまいます。

オンカジはその名の通り、「オンラインカジノ」の事であり、インターネットを通じてプレイできるカジノの事。オンカジではスロット、ブラックジャック、バカラ、ルーレット、ポーカーといったカジノゲームをオンラインで実際にお金を賭けて遊ぶ事ができます。通常、イギリスやマルタといった運営国の政府ライセンスを取得した会社が合法的に運営するカジノのことであり、有名処の名前を挙げると「ウィリアムヒル」や「ベラジョンカジノ」などとなります。大手カジノ運営国以外の国からでもアクセスできますが、プレイする側の居住国の法律により合法、違法、グレーと判断されます。

オンカジはOnline Casinoの略、インカジはInternet Casinoの略。両社が日本でしか通じないのはもちろんですが、Internet Casinoと英語で言った場合、これは日本語の「インカジ」と同じ意味あいを持つものではありません!

これに対し、「インカジ」とは、よくニュースで摘発が報道されている、いわゆる「裏カジノ」や「闇カジノ」と呼ばれる類のカジノの事を言います。オンカジと同じく、インカジでもスロットやバカラなどをインターネットを通して遊ぶことができます。違う所は、店舗で客にプレイさせ、その場で現金精算などが出来るカジノのことで、このような店舗は日本では違法になります。

そもそもライセンス認可を受けるためには「資金力」「経営能力」「公平性の維持」「ギャンブル依存症対策」などが、その国の規制機関によって厳しく審査されることとなります。
また、ライセンス認可には多額の支払いが発生することや、ライセンス認可が下りた後も、抜き打ちによる審査が行われ、審査に不合格となればその時点で罰金が科されたりライセンスをはく奪される場合もあり、運営元がしっかりしていなければ、ライセンスを保持しオンラインカジノを運営し続けることはできません。当サイトでおススメのオンカジは全て運営国のライセンスを取得しています。

インカジでオンラインカジノをプレイすると違法行為となりますが、個人的にパソコンやスマートフォンでオンカジをプレイするのは違法にはなりません。
オンカジの利用が違法にならないのは、賭博罪の条件に当てはまる部分が一つもないからです。まずなによりもオンカジは海外にて運営されているギャンブルです。

その為、複数の国からライセンス認可を受けているカジノは「より安全で、公平性のあるカジノである」ということを示すバロメータにもなります。さらに大手のオンカジサイト運営会社にはロンドン証券取引所など株式市場に上場している企業もあり、決してアヤしい産業ではありません。世界中で数千ものサイトが存在するといわれるオンラインカジノ。TOP10カジノスロットのオンカジランキングを是非覗いてみてください。

インカジが登場したのは、今からもう10年以上前のことで、2006年に摘発された京都のゴールドラッシュというインカジは、初めて逮捕者を出したインカジとして今でもその名が語り継がれています。
ゴールドラッシュは当時、オンカジの安全性を謳い、堂々と営業を行っていました。
店の外に看板まで出していたそうですから、運営者自体違法行為にあたるとは考えていなかったのかもしれません。
利用されていたオンラインカジノはフィリピン政府から認可を受けていたところなので、そのオンラインカジノにはまったく不正などはありませんでした。
しかし、やはり、どれだけ使っているオンラインカジノがどれだけ安全であっても、ゴールドラッシュがそのギャンブルを取り仕切る胴元となり、賭場まで提供していたのですから、違法ギャンブルとして摘発されたのも当然のことでしょう。
どのような形態であっても、どのような運営方法であっても、インカジは間違いなく違法ギャンブルですので絶対に利用しないよう気をつけましょう。